【商品概要】
・タイトル: 火葬場のない町に鐘が鳴る時 8巻
・著者名 : 和夏 弘雨(漫画)、碧海 景(原案)
・掲載誌 : eヤングマガジン
・発売日 : 2017/02/20

【作品説明】
命の恩人・ごん子が行方不明になったことを知った勇人は、彼女を捜すため町中を駆け回る。
だが、そこで目撃したのはごん子の家に火を放ち、刃物を持った異常な住民の姿!
怖いのは化け物だけでなく人間もまた・・・。



【過去リンク】
1巻の感想リンク   2巻の感想リンク

3巻の感想リンク   4巻の感想リンク

5巻の感想リンク   6巻の感想リンク

7巻の感想リンク   


【ダイジェスト】
・ドラゴンのメモ
町の外に出る交通手段が無くなった勇人は、仕方なくドラゴンがくれたメモに目を通してみることに。
内容は数珠、寺、住職について。
ですが結局ハッキリしたことは分からず謎は深まるばかりw
火葬場のない町に鐘が鳴る時_801


メモはもう1枚ありました。
2枚目には、焼けた寺から"鐘楼の鐘"が失われたことと、もう一人の幼馴染のことが書かれていました。
もう一人のことを思い出そうとする勇人ですが、なぜだか記憶が曖昧で・・・。
火葬場のない町に鐘が鳴る時_802


・ごん子を探して
その時、勇人を呼ぶ声が。
声の主は冬雨さんの子・奈央ちゃんでした。
彼女からごん子ちゃんが行方不明であることを伝えられ、勇人も一緒に捜すことに。
火葬場のない町に鐘が鳴る時_803


冥奴に捕まったのではと考える奈央ちゃんは、奴らの住処を突き止めようとあるものを取り出します。
それは・・・勇人が切断した冥奴の"手"。
どうやら捕まえちゃったようですw
腐りながらも這い動く手を追いかけていった勇人たち、すると彼らの前に衝撃の光景が・・・。
火葬場のない町に鐘が鳴る時_805


奈央ちゃんの家を燃やす興奮した住民の姿。
それをなだめる警察もなんだか危険な雰囲気・・・。
勇人たちはその場から何とか逃げ出します。
火葬場のない町に鐘が鳴る時_804


・ハルちゃん
逃げた先で出会ったのは長髪の女子高生。
冥奴の手を見た彼女は2人に戒めの言葉を吐きます。
更になぜか"賽の河原"の話も。
火葬場のない町に鐘が鳴る時_806


勇人たちの探し人に心当たりがある彼女に連れられ、一同は【みとず高校】へ。
そこで住民に捕らわれたごん子ちゃんを発見します。
血の気の多い住民から彼女の安全を確保するため、女子高生はごん子ちゃんの傍にいることに。
火葬場のない町に鐘が鳴る時_807


冬雨さんとちゃんも合流し、助け出すチャンスを窺います。
ちゃんはごん子ちゃんの傍にいる彼女のことを知っている様子。
その名前は「雪割春穂」―――冬雨さんが昨夜出会った冥面の女性でした。
火葬場のない町に鐘が鳴る時_808


・町長とみとずの民
一方みとず高校では町長の諌未から重大なお知らせがあると、町民が続々と集まっています。
集まった町民へ、諌未冥面の集団『三途十弥坊』を紹介し、閉鎖的なみとずの改革を宣言。
そしてこうも告げます・・・
火葬場のない町に鐘が鳴る時_810


火葬場のない町に鐘が鳴る時_809


猛反発する町民たち。
掟に妄信的な彼ら、その罪を諌未は知っていました。
30年前のみとず大改造計画・・・みとずの解放を目指す奥三途洲の民たちによる【大三途洲トンネル】の掘削。
その完成間際に起きた落盤事故の悲劇が、三途洲の民が引き起こしたものだと。
火葬場のない町に鐘が鳴る時_811


・暴動
その時、みとずの町に鐘が鳴り響きました。
午後六時に鳴るはずの"鐘"、それが昼前に・・・。
冥奴様の怒りを鎮めるため、とうとう町民たちは暴れ始めます。
火葬場のない町に鐘が鳴る時_812


火葬場のない町に鐘が鳴る時_813


標的にされるごん子ちゃんを救出しに動く冬雨さんと奈央ちゃん。
ごん子ちゃんのもとにたどり着いた奈央ちゃんは、急いで学校から出ようと走ります。
しかしそこにもイカれた老夫が。
襲われる奈央ちゃん、それを庇うごん子ちゃん、そして・・・。
火葬場のない町に鐘が鳴る時_814


火葬場のない町に鐘が鳴る時_815


火葬場のない町に鐘が鳴る時_816


冬雨さんは奈央ちゃんを抱え、無念にもその場を後に。
益々混迷を極める校庭、そこへついに奴らが現れます。
冥奴様が・・・。
火葬場のない町に鐘が鳴る時_817_818





【感想】
とんでもないことになってきました。
安全なはずの日中で、住民の暴走と早起き冥奴様
もうメチャクチャです。

ごん子ちゃん・・・。
まさかこんなことになってしまうとは。
奈央ちゃんすごい負い目を感じそうで心配だ。
井戸から出てきた冥奴どうなったんだろ。
火葬場のない町に鐘が鳴る時_819


冥面雪割ことハルちゃん、一体何を考えているのでしょうね。
謝りながら蹴り飛ばすのはどうなのw
諌未側の事情も気になりますね。
火葬場のない町に鐘が鳴る時_820


しかしこのラスボス感w
火葬場のない町に鐘が鳴る時_821


もう一人の幼馴染のことも出てきましたね。
奥三途洲の病院、そこも重要になってくるのかな。
ドラゴンそこはっきり書いといてよ~。
火葬場のない町に鐘が鳴る時_822








町中が本格的に壊れだし、もう休まる時間もなさそう。
町を出ようとする勇人たちですが・・・そう簡単にはいかないでしょうね。
謎も解消するどころかどんどん増していくばかり。
みとずはどうなっていくんでしょうか・・・。










喜んで!
火葬場のない町に鐘が鳴る時_823