【商品概要】
・書籍名 : 初恋防衛軍 1巻
・著者名 : 堀 祐介
・掲載誌 : サンデーうぇぶり
・発売日 : 2017/06/12

【作品説明】
大学生の臼井くんは、小中高と好きだった天沢さんに告白をする。
返答は「…すみません。どちら様でしょうか…」
悲しみにくれる臼井くんに「あり得ない確率で」隕石が落ちる!
すると透明人間になっていた!
さらにその立場を利用して彼女をつい追ってしまいと、天沢さんの衝撃の秘密が明らかに!!

恋の行方が、想像を凌駕し続ける! SF初恋サスペンス!!



【過去リンク】
―――――


【ダイジェスト】
・透明人間
超絶的に影が薄い大学生「臼井明人」。
この物語はそんな彼が幼馴染で初恋の相手である「天沢赤音」に告白するところから始まります。
しかし彼女の答えは予想外に辛辣なもので・・・w
初恋防衛軍_101


傷心の明人に奇跡的な追撃が襲います。
まさかの隕石衝突ですw
死ぬことはありませんでしたが、その隕石によって彼はなんと透明人間に!
最初は自由を謳歌していたものの、次第に誰にも見てもらえない孤独感で塞ぎ込んでしまいます。
初恋防衛軍_102_103


初恋防衛軍_104


・地球防衛軍
そんな時、明人を捜す赤音ちゃんの姿を発見。
不思議な彼女の後を追う明人
彼女が向かった先は自宅・・・ではなく、秘密の地下施設。
そこで明人は驚くべき事実を知ることになります。
初恋防衛軍_107


地球防衛軍として日々宇宙人と戦っていた赤音ちゃん。
それだけでも相当な衝撃だというのに、更に耳を疑うような発言が。
彼女が明人を捜していた理由、それは―――彼を"抹殺"するため・・・。
初恋防衛軍_108


どうやら明人に直撃した隕石『アルテマ』は未知の高エネルギーを内包しており、そのエネルギーのせいで透明人間になってしまったようです。
アルテマによる進化は危険だということで明人の処分が決定されたみたい。
初恋防衛軍_109


初恋防衛軍_110


・アルテマ再び
恋する相手に命を狙われていた明人
それでも彼は赤音ちゃんへの気持ちを忘れることなどできません。
実は明人のことをちゃんと見てくれていた赤音ちゃん・・・。
そんな彼女への想いを成就するため明人は行動を開始します。
初恋防衛軍_111


が、やりすぎましたw
惚れさせるために情報を改ざんしすぎてとんでもないことにw
初恋防衛軍_112


初恋防衛軍_113


反省して現実から逃げないことを誓う彼でしたが、現実はまたしても過酷な試練を与えてきました。
アルテマがまた降ってきたのです。
それも今度は赤音ちゃんの所へ・・・。
地球を守る彼女が、人類の敵へと変貌してしまった瞬間でした。
初恋防衛軍_114


初恋防衛軍_115


・彼女のために
抹殺から逃れようと、隠し通すことを選んだ赤音ちゃん。
でも彼女の発火能力は制御できず、基地内でも暴発してしまいます。
そこで明人は彼女を守るため、透明であることを活かして放火や改ざんで現場を撹乱させる作戦へ。
初恋防衛軍_116


死に物狂いの工作で何とか赤音ちゃんの正体を隠していた彼の前に強敵が現れます。
防衛軍内部監査員岩長茶一」です。
鋭い洞察力で赤音ちゃんがアルテマ被害者だと見抜き証拠を掴まんとする岩長
追い詰められた明人・・・ですが彼はそんな厳しい状況を打開する策を考えました。
初恋防衛軍_117


手紙での意思疎通です。
事前に岩長の手の内を明かし、赤音ちゃんに対応してもらうのです。
作戦はうまくいき、赤音ちゃんへの嫌疑は見事晴れました。
初恋防衛軍_118


初恋防衛軍_119


・決意
念願の彼女との接点を手放したくない明人はその後も手紙のやり取りを続けます。
しかし証拠発覚のリスクを考え、明人は惜しみつつ文通を止めることに。
彼女との最後の手紙・・・終わりを告げる明人に対し、赤音ちゃんの返信は―――
初恋防衛軍_120


初恋防衛軍_121


明人はその告白にご満悦w
ですが自分が文通相手だと彼女は知りません。
正体を知られたら抹殺されるんじゃ・・・と揺れる明人
それでも明人は初恋を選び、彼女に全てを明かします。
さぁ、全てを知った赤音ちゃんの答えは・・・?
初恋防衛軍_122


初恋防衛軍_123





【感想】
すごい設定だなぁw



隕石直撃で透明人間になった主人公。
彼が恋する相手は地球防衛軍人
姿が見えず、おまけに抹殺対象にされながらも、彼女への初恋を成就させるため奮闘する。
そんな壮大にこじれたラブサスペンスドラマが描かれた漫画です。

つ、つまりどういうことだ・・・?



元から影が薄い上に透明人間になった明人
大変な初恋になったw
悩みながらも必死に頑張る姿はちょっと格好いいですね。
やり過ぎな所もあるけどw
初恋防衛軍_124


赤音ちゃん変な娘だけどやっぱりかわいい。
女の子らしい部分と防衛軍での仕事っぷりのギャップがすごいですねw
彼女も正体がバレると抹殺の危険が・・・大丈夫だろうか。
初恋防衛軍_125


ホントに大丈夫だろうかw
初恋防衛軍_126



手紙で親しくなれた2人。
そしてとうとう正体を明かしました。
赤音ちゃんはそれを知って何を思うのか。
地球の存亡を賭けた戦いの裏で起こる2人の恋の行方はどうなるのでしょうね?











また新たなゲロインが生まれてしまったか・・・。
初恋防衛軍_127