とりあえず適当に漫画感想BLOG

今まで読んできた漫画の感想を書いていきます。  ※ネタバレ注意

漫画_「か行」

「吸血鬼すぐ死ぬ 6巻」の感想(簡易まとめ版)

吸血鬼すぐ死ぬ 6巻


続きを読む

「火葬場のない町に鐘が鳴る時 9巻」の感想





【商品概要】
・書籍名 : 火葬場のない町に鐘が鳴る時 9巻
・著者名 : 和夏 弘雨(漫画)、碧海 景(原案)
・掲載誌 : eヤングマガジン
・発売日 : 2017/05/19

【作品説明】
鳴るはずのない時間にみとず町を恐怖に突き落とすあの鐘の音が大地に響き渡った。
数多の冥奴<メイド>が姿を現し、次々と群衆に襲いかかるっ!
平和だった町はパニックに陥り、人々は先を争って逃げ惑う。
勇人は無事、町から脱出できるのか!?続きを読む

「この世界がゲームだと俺だけが知っている 5巻」の感想





【商品概要】
・書籍名 : この世界がゲームだと俺だけが知っている 5巻
・著者名 : イチゼン(漫画)、ウスバー(原作)
・掲載誌 : コミックウォーカー
・発売日 : 2017/04/15

【作品説明】
いとこの真希の一言から、バグ満載のゲーム<猫耳猫>の世界に入り込んでしまった“ぼっち”ゲーマーのソーマ。
記憶喪失の美少女・リンゴとともに討伐大会で一攫千金を狙うソーマだったが、そこにいわくつきのバグ“ミンチ大祭”が発生。
現れるはずのない圧倒的レベル差のボス出現で絶対絶命のピンチ!!
”凶敵”(ボス)からは逃げられない!!残された道は「勝つ」か「死ぬ」かの2択!!続きを読む

「グッド・ナイト・ワールド 5巻」の感想





【商品概要】
・書籍名 : グッド・ナイト・ワールド 5巻
・著者名 : 岡部 閏
・掲載誌 : 裏サンデー
・発売日 : 2017/03/17
・刊行数 : 全5巻

【作品説明】
電脳世界で繋がる家族の物語、堂々完結!!

「仮想世界でさえ、あなた達は…家族だった」

家族全員に告げられる衝撃の事実に驚く間も無く、 太一郎達の眼前に現れた”黒い鳥”。

グラナダ王国として新世界の秩序を創ろうとする レオンと”黒い鳥”に対して、赤羽一家が採る行動は…!?

―――家族の物語の結末は、如何に?続きを読む

「グッド・ナイト・ワールド 4巻」の感想





【商品概要】
・タイトル: グッド・ナイト・ワールド 4巻
・著者名 : 岡部 閏
・掲載誌 : 裏サンデー
・発売日 : 2017/02/10

【作品説明】
現実と電脳の境界は何処に…?

弟を救う為に、その命を懸けてグッド・ナイト・ワールドへと侵入した太一郎。
黒い鳥を撃破するも、現実世界へ戻れるのは、弟である明日真だけであった…!

物語は佳境へと突入!!
プラネット、そしてグッド・ナイト・ワールドの真実。
そして家族の真実が次々と明かされて行く第4巻――!!

刹那も目を離せない衝撃の連続がそこにある!!続きを読む

「火葬場のない町に鐘が鳴る時 8巻」の感想





【商品概要】
・タイトル: 火葬場のない町に鐘が鳴る時 8巻
・著者名 : 和夏 弘雨(漫画)、碧海 景(原案)
・掲載誌 : eヤングマガジン
・発売日 : 2017/02/20

【作品説明】
命の恩人・ごん子が行方不明になったことを知った勇人は、彼女を捜すため町中を駆け回る。
だが、そこで目撃したのはごん子の家に火を放ち、刃物を持った異常な住民の姿!
怖いのは化け物だけでなく人間もまた・・・。続きを読む

「火葬場のない町に鐘が鳴る時 7巻」の感想





【商品概要】
・タイトル: 火葬場のない町に鐘が鳴る時 7巻
・著者名 : 和夏 弘雨(漫画)、碧海 景(原案)
・掲載誌 : ヤングマガジン海賊版
・発売日 : 2016/11/18

【作品説明】
冥面との死闘が明け、勇人が目を覚ました時、自宅にいるはずの咲の姿があった。
勇人が懸命に父親を捜していた夜、咲たちの身に何があったのか!?
おぞましき悪夢のような出来事が語られる。
そこにみとず町を誰よりも知る指導的立場の紳士の影が‥‥!続きを読む

「グッド・ナイト・ワールド 3巻」の感想





【商品概要】
・タイトル: グッド・ナイト・ワールド 3巻
・著者名 : 岡部 閏
・掲載誌 : 裏サンデー
・発売日 : 2016/10/12

【作品説明】
電脳世界に囚われた人々は、永遠に続く"死"を強いられる―――

AIであることを告げられ、士郎によって処分されたピコ。
今際の際の言葉は、ただ切ないものであった。
ピコとの連絡手段がなくなり、「プラネット」へのログインすら望まぬものとなった太一郎の前に現れたのは、唯一心を許す存在、母親であった。
母と共に訪れた明日真の病室で、太一郎はある真実を告げる―――
絶望が加速する第3巻―――続きを読む

「怪談イズデッド 4巻」の感想





【商品概要】
・タイトル: 怪談イズデッド 4巻
・著者名 : 飯島 しんごう
・掲載誌 : good!アフタヌーン
・発売日 : 2016/06/07

【作品説明】
「学校の七不思議」はもう子供たちに必要ないのだろうか?
とっくに死んでるけど仕事に恋に一生懸命なハイテンション怪談ギャグ!続きを読む

「火葬場のない町に鐘が鳴る時 6巻」の感想



【商品概要】
・タイトル: 火葬場のない町に鐘が鳴る時 6巻
・著者名 : 和夏 弘雨(漫画)、碧海 景(原案)
・掲載誌 : ヤングマガジン海賊版
・発売日 : 2016/08/19

【作品説明】
勇人の前に現れた黒ずくめの面男。
その男は勇人の母親の遺体をもてあそび、火を放とうとする。
必死で抵抗する勇人であったが、冥奴たちに捕まってしまう。
「火葬場のない町で火葬する時」いったい何が起こるのか?
続きを読む
livedoor プロフィール
記事検索
タグクラウド